色と心と魂と

色の世界は、太陽の恵み

​​全ての色は 光 から生まれる

自然は、色を持っています。

​海や山、大地や空、生き物、植物たち

 

 

​それぞれが個性を出し、存在しようとしているから、

色で認識できるものが多く存在しています。

​​その色は、何千年、何万年と塗り替えられることなく、

そのまんまの色として、記憶に、 心に、 魂に、

刻まれています。

色には意味があり、その色の発するエネルギーがあり、

個性があります。

 

広告

色をうまく活かす

普段、何気なく身につけている衣類やアクセサリーは、無意識に必要としている色だったり、自分の個性を際立たせるためのアイテムだったりします。

​配色や組み合わせで悩まれることも多いでしょう。

​それには心理的要因と、エネルギーバランスの要因とがあります。

ガンガン行きたいとき、青や緑は鎮静化作用で相殺されて、行きたいのに行けなかったとか。

​逆に落ち着きたいのに、赤やオレンジは活性化作用で、落ち着けなかったりとか。

​​色の意味や、色の発するエネルギーのことを少し知っておくと、普段の生活の中に役立てていくことができるようになります。

色は、意識して取り込もう!!

あまり意識していなくても、無意識はしっかりと色を味方につけています。

また、無意識は色で問題点をアピールしている場合もあります。

​・ストレスが溜まっているのに多忙過ぎて気づいていない

・本当はそうしたいことを思い込みなどで出せないでいる

・自然の中に還って、じっくり癒したいなぁ

・本当は誰かと仲良くしたい

​そんな隠れた心理も色に出てきます。

何気なく身につけたスカーフ、ハンカチ、下着など

手に取ったものが、みんな同じ系統の色

同じ色ばかり目にする

​そんなときは、無意識からのサインだったりします。

​立ち止まって、色の意味やエネルギーを再確認して、自分の中にとりいれたい理由を見つけてあげましょう。

自分と色には、深い関わりがあることに気づけますよ。

直感的なもの、自覚していて足りないと感じているものは、積極的に身につけたり、部屋のアイテムとして取り入れていきましょう。

・疲れを感じているとき

・何か勝負をかけたいとき

・リラックスして、じっくり物事を考えたいとき

・不安にさいなまれているとき

​など、

どんなときに、どの色の力を借りて過ごすとスムーズなのか、色の意味やエネルギーのことを知って、活用していきましょう。

日常生活の様々なシーンで、色は強力な支えとなってくれます。