色の意味

色の意味

全ての色には原色があって、その組み合わせで色味が出ています。

色として256色、512色など分けられたものがありますが、光をプリズムに通した時、発せられる7つの色のエネルギーを基にして色の意味は表されています。

黒は、色が全て混ぜ合わさったエネルギー色として捉えます。

色のエネルギーはそれぞれの個性を持っています。

その個性がどんなものなのか、どんなエネルギーが影響するのかを、色の持つ意味から少し覗いてみましょう。

色の意味については、さまざまな観点・解釈がありますが、ここではチャクラを基にした7色について説明していきます。

基本7色

赤は力を指す色です。

生命力の基盤となっているエネルギーを示します。

人間関係における強い境界を与え、信じるために戦う励ましを与え、足をしっかり地に着けさせてくれます。

性的、闘争的、精力的な色であり、欲しいものを得るための積極性を表します。

野性的な激しさは、慈しみを育てる事と同じくらい大切なものであると気づくことが大事です。

はっきりしない自分の気持ちや、ストレスの多い環境に長く居続けていたり、権威のある人と向き合うのが苦手であったりするならば、赤のエネルギーを取り入れる必要があります。

赤は、人生と向き合う力強いエネルギーを与えてくれます。

 

オレンジ

オレンジは、創造性を表す色です。

芸術や生殖、発明、自発性と深く関わってきます。

目覚めの色であり、生命を回復させてくれる色です。

芸術家やビジネスマンは、創造性や独創性に力を貸してくれるオレンジを身につけ、目の届く場所に置くことで、直感的なアドバイスを受け取れるようになります。

赤ちゃんが欲しいと言う場合、子宮がオレンジで満たされるイメージを持つことで、新たな生命の誕生に対するエネルギーを引き寄せることができます。

深刻になるのをやめなさい、というアドバイスも含んでいます。

元気がなく、子供のようにはしゃげない人は、オレンジ色が助けてくれます。感情の流れを止め、自己イメージの不安を解消してくれます。

 

黄色は、思考と行動という二つのテーマがあります。

あなたが意志を表しているとき、つまり凝縮された力を発揮しているときに現れる色です。

集中して読書に励んでいたり、難しい問題に取り組んでいたりするときなどです。

やる気を起こさせ、なすべきことをその瞬間になすという、魂からの命令に体が素直に従っている様子を表します。

人生を変えるような出来事と出会ったとき、怖くて実行できないなら、黄色に集中すると沸きあがるエネルギーに満たされていきます。

意志決定に対する不安を乗り越えたいときは、瞑想の中で黄色をイメージし、色で自分が包まれるようにしていくと、未知への不安を乗り越え、向かっていくのに必要なエネルギーと勢いを与えてくれます。

 

緑は、愛と癒しの色です。

直感や感覚で意思を通じ合わせているときは、緑色で覆われています。

神聖な深い博愛主義の中にも緑は存在します。

疎外感や、締め出されている感覚、何かから遠ざかっていると感じているとき、自然に帰りたい願望が現れてきます。

木々や草木の緑があなたの心を和ませ、蓄積していた傷を癒し、許しや、感動するような思いに意識を向けてくれます。

新たな出会いを迎えるとき、緑をイメージすることで、相手との一体感をいち早く感じられるようになります。

信頼、寛容、寛大さといった感覚が、秘めた自分の解放へと導いてくれます。調和のあるところに緑はあります。

 

青は解放と魂のこもった感情を表す色です。

私たちを現実に引っ張り込み、隠しているものと向き合わせ、真実が見えるまで自分自身を見つめさせる色でもあります。

青は気持ちを落ち着かせ、囲い込み、眠りを誘発させます。

ゆったりとした気分になり、内面との繋ぎを表します。

青色に共鳴する人たちは、思慮深く内向的です。生を探り、その中に浸りこみ、隠された確かな真実を突き止めていきます。

無意識の探求者です。

青は、かき乱された心を落ち着かせ、水の浮力を与え、あなたの空間を守ってくれます。

 

紫は、未来を見通す力や、洞察力を表す色です。

霊的なメッセージを受け取るとき、紫色を通じて送られてきます。

魂から知識を受け取って人生に組み込むことを可能にしてくれる色です。

極度の明瞭さを持って、過去を吟味し、未来に生かす手伝いをしてくれます。

また永遠や客観性、広い視野といった感覚を呼び覚まします。

魂の道から外れていると感じたとき、紫に集中することで進むべき方向や案内が得られます。

紫に共鳴していくことで、より高いレベルの考え方や、直感で得たアイディア、創造的な解決法に常に心を開いていけるようになります。

​紫は、夢を思い出すのにも役立ちます。

以前より意識を明瞭にして眠れるようになります。

 

白は神聖の理解を表す色です。

白を持っていることは、自分の精神を超える精神と繋がっていることを意味します。

この部分が開いていると、霊的ガイドの存在を感じ取り、生命の中に神の力を見出すことができます。

白は、好ましくないものからのブロックです。

電磁波の影響など文明の力は、オーラを弱めます。

白い保護があることで、人工的な環境の中に居ても、気分を害されず居られます。

​白は病魔を追い払い、マイナスエネルギーが入ってくることのできない境界線を生み出します。

死の恐怖に打ち勝つには、健康であるうちに白をイメージした瞑想が効果を発揮します。

白は完全なる自由との繋ぎの色です。

白は始まりでもあり、終わりでもあります。