色と智慧

太古からの智慧

沈み昇るときには大きない円となって見える太陽、

枯れたと思っていたところに再び現れるの若芽 などに感じる、死と再生の力。

古くから人は、自然の中にある不思議な力を色の中に投影して見ていました。

古代の人々にとっては、象徴としてだけではなく、確かな力を持つものでした。

旧石器時代の壁面にの顔料で描かれた動物は、赤が最も強いエネルギーを持つとされ、狩りの成功を願う祈りにその力を使ったもの、古墳の中の棺や遺体が朱色に塗られているのは、赤の力で死者を守るために行われたものです。

現在では、赤は血を連想させ、人を興奮状態にしやすい作用があると言われ、赤の顔料には防腐作用もあることがわかっています。

このように、太古から人は、色が表すエネルギーを感覚的に掴み、取り入れ、智慧として活かしてきたのです。

ひとの色 ~古代からの智慧・チャクラ~

人間には、チャクラと呼ばれるエネルギースポットが7つあります。

それぞれのチャクラには異なったエネルギーがあり、そのエネルギーを象徴する色があります。

チャクラエネルギーの強弱で生まれるものがオーラと呼ばれます。

そのオーラの色が人の個性や状態をもあらわすのです。

人に与えられた「自由意志」でオーラの色を変えることもできます。

いい意味でも、悪い意味でも・・・。

 

広告

 

第1のチャクラ

ムーラーダーラ・チャクラ(mūlādhāra-cakra)脊柱の基底にあたる会陰(肛門と性器の間)にあるとされています。

「ムーラ・アーダーラ」とは「根を支えるもの」の意。

クンダリニー(人体内に存在する根源的生命エネルギー)が眠っているとされています。

「生存」に関わるエネルギーの場で、をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第2のチャクラ

スワーディシュターナ・チャクラ(svādhişţhāna-cakra)

陰部(臍の下あたり・女性の子宮にあたる位置)にあるとされています。

「スヴァ・アディシュターナ」は「自らの住処」を意味します。

「悦び」に関わるエネルギーの場で、オレンジをエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第3のチャクラ

マニプーラ・チャクラ(maņipūra-cakra)腹部の臍のあたり(胃のあたり)にあるとされています。

「マニプーラ」とは「宝珠の都市」という意味です。

「力」に関わるエネルギーの場で、黄色をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第4のチャクラ

アナーハタ・チャクラ(anāhata-cakra)胸にあるとされています。

「アナーハタ」とは「二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音」を指します。

「愛」に関わるエネルギーの場で、をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第5のチャクラ

ヴィシュッダ・チャクラ(viśuddha-cakra)喉にあるとされています。

「ヴィシュッダ・チャクラ」は「清浄なる輪」を意味します。

「創造性」に関わるエネルギーの場で、をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第6のチャクラ

アージュニャー・チャクラ(ājñā-cakra)眉間にあるとされています。

「アージュニャー」は「教令、教勅」を意味します。

「超越」に関わるエネルギーの場で、藍色をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

第7のチャクラ

サハスラーラ(sahasrāra)頭頂にあるとされています。

「霊性」に関わるエネルギーの場で、をエネルギー色に用いることが多いチャクラです。

この第7チャクラは、他の6チャクラとは異なり、身体次元を超越しているとも考えられていて、チャクラのうちに数え入れられないこともあります。

 

 

古代インドのバラモン教から端を発している「タントラ」と呼ばれる思想が基になっています。

物質的な身体(肉体)と精微な身体(霊的身体)は複数の脈管とチャクラで出来ており、チャクラは精微な身体を縦に貫く中央脈管に沿って存在する、細かい脈管が円形に絡まった叢(そう)だとされています。